PRO-VISION 1 Lesson 1 The Power of Vision and Hard Work

Lesson 1 The Power of Vision and Hard Work

Part 1 本文和訳

私はこれまでのキャリアにおいて,研究者になる前もなった後も,多くの困難に直面してきました.これらを私がどのように乗り越えたかについて,みなさんにお伝えしたいと思います.

まず初めに,今日までの私の経歴についてお話します.高校時代に好きだった教科は,数学と科学でした.ですが,一生懸命勉強ばかりしていたわけではありません.私がこの上なく好きだったのは柔道でした.毎日何時間も練習し,大阪府大会にも出場しました.

柔道の練習ではいつもけがばかりしていました.骨折をしたのは一度だけではなく,整形外科医の診察を受けました.その経験がスポーツ医学への私の興味をかき立て,私は自分自身が整形外科医になる決心をしたのです.

Part 2 本文和訳

私は医学部を卒業して整形外科医としての研修を始めましたが,私の夢はすぐに打ち砕かれました.ある時,ほかのどの外科医でも 20 分でできるような手術が,私には終えるのに 2 時間かかりました.私の指導医の先生方や看護師さんたち,さらに患者さんさえもが,私がこんなに遅いことを信じられませんでした.「私は決して立派な外科医にはなれないだろう」と悲しくも自分に言い聞かせました.それが私の人生における最初の大きな挫折でした.

自分自身の限界を感じるようになると同時に,現代医学の限界を意識するようにもなりました.さまざまな患者さんを診察するにつれて,世界で最高の医者でさえも治すことのできない病気があることを実感するようになりました.たとえそうであっても,私はそのような病気を治す方法を発見したくなりました.そのため,私は,病院で患者さんたちを治療するのではなく,研究者になり,実験室で病気の原因を見つけ出す決意を固めました.

Part 3 本文和訳

私は研究活動に全力を注ぎました.興味深いものでしたが,多くの困難もありました.科学者は,何かのアイデアが浮かぶと,それが正しいかどうかを確かめるために実験を行います.しかしながら,私が行ったほとんどすべての実験は,失敗に終わりました.何か月も実験に費やすことがよくありました.しかし,それでも自分の仮説を支持するデータを何も得られなかったのです.

しかし,失敗に見えるものが,大発見の鍵になることがあります.一例を示しましょう.ある時,私はある実験でまったく予測していなかった結果を得ました.最初はがっかりしましたが,しばらくして,私は興奮しました.いくつかの予測しなかった結果のおかげで,次第に,新たな研究分野を追求する,すなわち iPS 細胞を作り出すというアイデアを得ました.そして,数年間懸命に研究を続けた後,私たちの研究チームはついに iPS 細胞を作ることに成功したのです.

Part 4 本文和訳

次の言葉がずっと私を元気づけてくれました.それは,vision(ビジョンを持つ)と hardwork(懸命に努力する)です.自分の目標に向かって明確なビジョンを持ち,それを達成するために一生懸命努力する必要があります.また,resilience(回復力,弾性)も持たねばなりません.これは変化する状況に柔軟に対応し,困難から立ち戻る能力を意味します.私のキャリア全体を通して,私は,患者さんたちを治すというただ一つのビジョンだけを,常に持ち続けてきました.そして,それを成し遂げるために,私はあらゆることを行います.壁にぶち当たったら,すぐにあきらめたりしません.その壁を迂回する道を探します.人生において,あるいは学校において物事がうまくいかなくなったときには,“vision” と“hard work” という魔法の言葉を思い出してください.これらがあれば,ほとんどあらゆるものを成し遂げることができるでしょう.

Lesson 1 The Power of Vision and Hard Work

Summary

Part 1

In high school, Dr. Yamanaka’s favorite subjects were math and science. He also loved judo.He was always injuring himself in practice. He broke a bone a few times and an orthopedic surgeon treated him. Through that experience, he became interested in sports medicine. He decided to become an orthopedic surgeon himself.

高校時代に山中博士が好きだった教科は,数学と科学でした.柔道も大好きでした.練習中にいつもけがばかりしていました.何度か骨折をして,整形外科医に治療してもらいました.その経験を通じて,博士はスポーツ医学に興味を持つようになりました.そして,自分自身が整形外科医になることを決心しました.

Part 2

After medical school, Dr. Yamanaka started working as an orthopedic surgeon. But he had troubles. Once he spent two hours doing an operation that others could do in twenty minutes. He thought he would never be a good surgeon. He also realized there were diseases that no doctor could cure. He wanted to find a way to cure such diseases and decided to become a researcher.

医学部を卒業した後,山中博士は整形外科医として働きはじめました.しかし,いろいろな問題がありました.ある時,他の外科医なら20分でできるような手術をするのに2時間かかりました.博士は,自分は決して立派な外科医にはなれないだろうと思いました.また,どんな医者にも治すことのできない病気があることを実感しました.そして,そのような病気を治す方法を発見したいと思い,研究者になることを決意しました.

Part 3

The research work interested Dr. Yamanaka but there were problems. Nearly all his experiments ended in failure. However, what appears to be a failure can lead to a breakthrough. Once, he got a completely unexpected result. He was disappointed at first, but later he became excited. He got the idea for creating iPS cells after some unexpected results. And after several years of hard work, his research team succeeded in creating iPS cells.

研究活動は,山中博士にとって興味深いものでしたが,多くの困難がありました.ほとんどすべての実験は,失敗に終わりました.しかし,失敗に見えるのものが,大発見の鍵になることがあります.ある時,博士はまったく予測していなかった結果を得ました.最初はがっかりしましたが,しばらくして,興奮しました.いくつかの予想外の結果の後,博士は iPS 細胞を作るためのアイデアを得ました.そして,数年間懸命に研究を続けた後,博士の研究チームは iPS 細胞を作ることに成功しました.

Part 4

You need a clear vision of your goal and you need to work hard for it. You also need resilience, the ability to respond flexibly to changing situations and recover from difficulties. When Dr. Yamanaka hits a wall, he finds a way around it. He asks us to remember the magic words “vision” and “hard work” when things get hard for us in life or at school.

自分の目標に向かって明確なビジョンを持ち,それを達成するために一生懸命努力する必要があります.また,変化する状況に柔軟に対応し,困難から立ち戻る能力である resilience(回復力,弾性)も必要です.山中博士は,壁にぶち当たると,その壁を乗り越える方法を探します.博士は,私たちに,人生や学校において物事がうまくいかなくなったときに,“vision” と “hard work” という魔法の言葉を思い出すように求めています.