POWER ON 1 Lesson 2 Sleep in Animals

Lesson 2 Sleep in Animals 動物の睡眠

Part 1 本文和訳

動物の中にはほかの動物よりも長く眠るものがいます。

そして動物はいろいろな理由により,いろいろな方法で眠ります。

あなたはこれらの事実を知っていますか。

たとえばライオンやトラのような典型的な肉食動物は,くつろいで,横になった体勢で眠ります。

彼らはほとんどのヒトよりも長く眠ります。

彼らはたいてい1日に 13 時間以上眠ります。

なぜそんなに長時間眠るのでしょうか。

その理由は簡単です。彼らには捕食動物がいないのです。

Part 2 本文和訳

草食動物は食べたり,捕食動物が現われないかと警戒したりして時間の大半を過ごします。

このため,眠る時間がとても短いのです。

たとえば,ウマは1日に2時間眠ります。

キリンは 30 分しか眠りません。

ウマもキリンもどんな危険にもすばやく反応するために立った体勢で眠ります。

ヒトはどうでしょうか。

私たちは植物も肉も食べます。私たちは1日におよそ8時間眠ります。

私たちは肉食動物よりも短く,しかし草食動物よりも長く眠ります。興味深くないですか。

Part 3 本文和訳

たとえばクジラのような海洋動物には,空気を吸うために水面まで泳がなければならないものがいます。

これらの動物はどのように眠るのでしょうか。

驚くべきことに,これらの動物は片方の脳を休めて,片方の目を閉じて眠ります。

これらの動物は1日に合計で数時間眠ります。

たとえばツルのような渡り鳥もまた,長い飛行の間,クジラと同じように眠ります。

しかしながら,彼らの睡眠の長さは明らかではありません。

あなたはクジラやツルのように,眠りつつ同時に何かをしたいですか。