LANDMARK 2 Lesson 7 Letters from a Battlefield

Lesson 7
Letters from a Battlefield 戦場からの手紙

Part 1 本文和訳

我が家の防空壕に入るときは,中はとても冷えるでしょうから,温まるために小さいあんかか湯たんぽを用意しておく必要があるでしょう。毛布も必要です。むしろも必ず持って行ってください。[原文:防空壕にはいる時は冷えるだろうから,小さいアンカか湯タンポを準備する必要がある。毛布も必要。ムシロも用意しておく。]

(1944 年 12 月 8 日)

冬の寒い天候や冷たい水のせいで,いかにあなたの手が冷たくなり,ひび割れるのかを聞くとき,本当にあなたを気の毒に思います。水を使うたびに,必ず徹底的に手を乾かし,それから温かくなるまでこすってください。[原文:冬になって水が冷たく,ヒビ,赤ギレが切れるようになったとの事,ほんとにいたわしく同情します。水を使った度に手をよくふき拭い,熱くなるほどこすっておくとよいでしょう。]

(1944 年 12 月 11 日)

これらは第二次世界大戦中,戦場から夫によって東京の妻へ宛てて書かれた手紙です。これらの手紙を書いた人物は,硫黄島の司令官であった栗林忠道中将です。彼はこれらの手紙を戦場から書きましたが,その戦場はアメリカ軍によって火の海のように焼かれたのです。

硫黄島は東京から約 1,250 キロの距離に位置する,面積 23.16 平方キロの小さい平坦な島です。そこは川や池が 1 つもない不毛の島です。しかし,そこは第二次世界大戦の最激戦地の 1 つでした。

Part 2 本文和訳

硫黄島は戦争中,アメリカと日本の双方にとって非常に重要でした。アメリカにとって,そこは日本の都市へ大規模な攻撃を行うための重要な中継地でした。一方,日本にとって,硫黄島を失うことは本土を守る基地を失うことを意味しました。そうなれば非武装の市民が砲火や銃撃にさらされることにつながるでしょう。

そこでの戦いにおける日本兵の数は 2 万人でしたが,一方でアメリカ兵の数は 6 万人にのぼりました。だれがこの戦況を分析したとしても,その差は明らかで,日本が戦いに勝つ可能性はほとんどありませんでした。日本軍は,アメリカの日本本土への攻撃をできるだけ長く遅らせるというだけの目的で硫黄島へ送られたのです。

だれもが,日本軍が 5 日以内に敗北することを確信していました。しかし,予想に反して,戦いは 1 か月余りも続きました。そこでのアメリカ人の死亡者数は約 1 万人でした。これは第二次世界大戦におけるアメリカ軍の最大にして唯一の損害でした。

Part 3 本文和訳

その戦いで日本側を率いた人物が,冒頭に示された手紙の書き手である栗林でした。彼は自分の使命をはっきりと理解し,兵士たちとともに硫黄島で死ぬ覚悟ができていました。それはすべて,彼らの戦いが,自分たちの家族も含め,本土にいる非武装の人々の死を遅らせると期待してのことでした。

彼は硫黄島の地理的特徴を分析し,地下壕に隠れてアメリカ軍とゲリラ戦を戦うことを決意しました。彼はこの戦術が日本人の死傷者を減らし,戦争を長引かせ,それにより硫黄島での日本の敗北を遅らせると確信していました。

この戦術を行うために,栗林の兵士たちは地面を掘り,約 500 の地下壕から成る地下壕網を作る必要がありました。そこを掘るのは極めて困難でした。壕を爆撃に備えて十分頑丈にするために,兵士たちは地表から 15~20 メートル下を掘る必要がありました。彼らは摂氏60 度にまで達する耐え難い暑さと,「硫黄」つまり硫黄ガスに苦しみました。それゆえ,彼らはそれぞれ 5 分から 10 分の短時間で,交替で掘らなければなりませんでした。さらに,硫黄島には飲料水が十分にありませんでした。兵士たちは 1 日に 1 瓶の水しか飲むことができませんでした。たとえその作業がどんなに厳しくても,栗林は決してあきらめませんでした。

Part 4 本文和訳

栗林は大変厳格でしたが,彼には別の一面がありました。彼は兵士たちに家族へ手紙を書くことを奨励しました。次のものは兵士から妻へ宛てたそのような手紙の 1 つです。夕方,少しくつろげるときはいつも,子どもたちがとてもお腹を空かせ,食事を口にかき込むことを想像します。ときどき,信の前に座っているかのように感じられ,彼女に話しかけたい衝動に駆られます。[原文:夕方ホッとした時は決まって,子ども達が今頃お腹をペコペコさして盛んにかき込む様子など嬉しく想像したりする。殊に信の顔と向かい合っているようで,声をかけたい衝動に駆られる事がある。

純と宏の手紙を読み返すたびに,字がとても上手だと思います。子どもたちへの愛情で分別を失っているのはわかっています。手紙を手もとに持っておくだけで,元気づけられる気がします。[原文:純や宏の字を出しては,その度に字が上手に見えるなど,どこまでも親馬鹿だとは思うが,手許にあるだけで,なんとのう心豊かである。

不幸にも,このような手紙の配達は 1945 年 2 月 11 日に中断されました。事態は緊迫しつつあり,アメリカ軍はまさに硫黄島へ上陸しようとしていました。そのような状況の下で,手紙を届ける非武装の航空機が飛ぶことは危険すぎました。2 月 19 日,アメリカ軍は島への全面侵攻を開始しました。栗林の兵士たちは地下壕から1か月間,最後の最後まで戦いました。2 万人の兵士から成る彼の部隊はほぼ全滅しました。
約5か月後,第二次世界大戦は終結しました。

Part 5 本文和訳

その戦争以降,日本兵の所持品をアメリカから兵士の家族へ返還しようとする多くの努力が払われています。それらはアメリカ兵によって硫黄島から持ち去られたもので,ノートや日記や家族の写真が含まれていました。それらの中には日本兵の遺書と思われる手紙もありました。それらの手紙が書かれたとき,それらを家族の元に届けることができる飛行機はもうありませんでした。この状況を知りながら,兵士たちはどのような想いを手紙に込めようとしたのだと思いますか。次のものはそのような手紙の 1 つです。不幸なことに,この書き手の家族はまだ見つかっていません。

お父様,お母様,虎雄,ケイ,榮造,糺,オタカ,季治,辰巳,文子,タツ子。あなたがた皆に健康と長寿が与えられることを望みたいと思います。お父様,お母様,老齢になられつつあるのですから,くれぐれもお体を大事になさってください。[原文:父母上様 虎雄ケイ 榮造 糺 オタカ 季治 兄姉上様、辰巳 文子 タツ子殿、何時までも御元気でお過ごし下さい。父母上様には殊に老年の事故(ゆえ) お体を大事にして下さい。

あなたがたが,これまで一生懸命に働いてお建てになった,あの立派な新しい家を見ることができなかったことを,ただ残念に思うだけです。ほかに心残りは 1 つもありません。[原文:私が心残りする事は 父母上様が今迄せっせと一生懸命に御働きになって御作りになった あの新しい立派な家を見られなかったのが 今考えて心残りするだけです。外にはなにもありません。