LANDMARK 2 Lesson 6 Gaudi and His Messenger

Lesson 6 Gaudi and His Messengerガウディーとその伝言者

Part 1 本文和訳

スペインのバルセロナに世界的に有名な建造物があります。それは 1882 年から 1 世紀以上も建設が続いています。それはサグラダ・ファミリアという名の変わった形をした教会です。教会員からの寄付金と入場料のみが資金源なので,それは建設に多くの年月がかかっています。

その教会を設計した建築家はアントニオ・ガウディー(1852~1926)です。彼は 1883 年に主任建築家の地位を引き継いだのですが,そのときはまだ 31 歳でほとんど無名でした。ガウディーは当初の計画を堅持しませんでした。それどころか,設計を抜本的に変更したのです。ガウディーがいなければ,サグラダ・ファミリアは今日のものとまったく違っていたことでしょう。

ガウディーは,スペインはカタルーニャの職人の家に生まれました。彼は子どものころ病弱で,外で遊ぶことができませんでした。友だちと走り回る代わりに,彼はじっとひとりで座っていなければなりませんでした。彼は子ども時代のほとんどを,鋭い目と強い好奇心で,植物や花や虫のような周囲にある自然を観察して過ごしました。この経験が彼の芸術に大きな影響を与えたのです。

Part 2 本文和訳

サグラダ・ファミリアに加えて,ガウディーはカタルーニャの州都バルセロナにあるグエル公園,グエル邸,カサ・ミラなどの建物を設計しました。彼の非常に独創的なデザインは,ピカソ,ミロ,ダリのような多くの芸術家にインスピレーションを与えました。

熱心なカトリック教徒として,ガウディーは人生の後半をサグラダ・ファミリアの建築にささげました。彼は構造的に完璧で,調和のとれた,美しい教会を作りたかったのです。ガウディーの死後もサグラダ・ファミリアは建造され続けましたが,ガウディーの設計図や模型はもはや使われませんでした。それらはスペイン内戦の大混乱の中で燃やされたり破壊されたりしたのです。その代わりに,ガウディーの弟子たちはガウディーから聞いていたことに基づいて設計図を描きました。教会の建築は,ガウディーが考えていたことを想像しようとする建設者たちによって今日もまだ続けられています。

当初,サグラダ・ファミリアは完成するのに少なくとも 300 年かかると言われていました。しかし教会組織は,教会は 2026 年に完成する予定であると発表しました。その年はガウディー没後 100 年にあたります。サグラダ・ファミリアは有名になるにつれて,より多くの寄付金や入場料を得ています。また,先進技術によって建築のペースが上がったのです。

Part 3 本文和訳

1984 年から 2005 年の間に,ガウディーの作品の 7 つがユネスコにより世界遺産であると宣言されました。その中にサグラダ・ファミリアの「生誕のファサード」があります。それは,外尾悦郎という日本人彫刻家の手による 15 体の天使の彫刻を含めて,2000 年に完成しました。

外尾は 1953 年に福岡で生まれました。大学で外尾は彫刻を専攻し,卒業後は美術の非常勤講師になりました。25 歳のある日,彼は突然,特に理由もなく石を彫りたいという衝動に駆られました。情熱にほだされて,彼は日本からヨーロッパへと向かいました。そこは石細工の根強い文化がある場所です。彼はまずパリを訪れましたが,そこでは満足しませんでした。

別の目的地を探し求めていたとき,彼は偶然バルセロナ行きの電車に乗りました。そうでなければ,彼はサグラダ・ファミリアに出会っていなかったでしょう。それは当時,それほど観光客に人気はありませんでした。そこに積み上げられた多数の石を見るやいなや,彼は再び石を彫りたいという衝動に駆られました。彼はガウディーの弟子の 1 人であった主任建築家に何度も彫らせてくれるよう頼みました。ついに,彼は試験を受けることを許され,専任彫刻家として受け入れられました。

Part 4 本文和訳

外尾は 30 年以上サグラダ・ファミリアに取り組み続けています。そこで彫刻をしている間,外尾はなぜガウディーが彼のやり方でサグラダ・ファミリアを作ったのか,どういう目的で作ったのかを考えます。「ガウディーは私たちを楽しませてくれる何かを作りたかったのです」と外尾は言います。「ガウディーは自然に囲まれて若き日々を過ごすのが楽しかった。

それゆえ,彼は自然こそが私たちを楽しませることができると考えたのです。彼は自然を神からのメッセージだと考えました。彼はまた最も美しい形は自然の中にあり得ると信じていました。」実際,サグラダ・ファミリアの内部は,枝を広げた木のように傾斜した柱があって,森のように見えます。

外尾は付け加えて言います。「ガウディーはサグラダ・ファミリアを作りましたが,彼の仕事を通じて,サグラダ・ファミリアが彼を偉大な建築家にしたのです。私について言えば,若いころから石を彫りたいと思い続けてきました。石を彫ることを通じて,私は自分自身を探し続けてきたのだと思います。今や,石を彫ることが今の自分を作ったのだと言えます。」ガウディーが亡くなる前,職人たちに言った最後の言葉は,「みんな,明日はさらにもっとよいものを作ろう」でした。ガウディーの意思を心に刻んで,外尾はバルセロナで同僚たちと石を彫り続けています。