ELEMENT 2 Lesson4 Life in a Jar

Lesson 4 Life in a Jar 瓶の中の命

Part 1 本文和訳

  イレーナ・センドラーは,多くの人々にとってはなじみの薄い名前かもしれないが,彼女は第二次世界大戦中,ナチスに立ち向かい,およそ 2,500 人のユダヤ人の子どもたちの命を救った英雄だった。

  ドイツ人たちは,1942 年までに,約 50 万人のユダヤ人たちを,ワルシャワの約1平方キロメートルの区域のゲットー(ユダヤ人強制居住地区)に押し込めていた。イレーナは,その都市に住むポーランド人のソーシャルワーカー(民生委員)だった。看護師の制服を着て,彼女と彼女の同僚たちは,人々を助けるために,食べ物や服,薬を持って,ゲットーに入っていった。しかし,ゲットーにいる多くのユダヤ人たちの最終目的地は死の収容所だということが,すぐに明らかになった。イレーナのグループは,できる限り多くの子どもたちを救うことを決意した。

Part 2 本文和訳

  彼らは,子どもたちを手放すように親たちに言うことが,とてもつらい仕事だということに気づいた。晩年,イレーナは,子どもたちから離れなければならないユダヤ人の母親たちの悲しい顔を覚えていた。「私たちは悲惨な光景を目の当たりにしました。時折,父親は同意したものの,母親が同意しなかったことがありました。私たちは,彼らから子どもたちを引き取ることなく,そういった不運な家族を残していかなければなりませんでした。翌日私がそこへ戻ると,みんなが死の収容所へ連れていかれてしまった後だったということがよくありました。」

  幸運な子どもたちは,ジャガイモを入れる袋や棺に入れて運び出された。商品の中に隠された子どもたちもいた。そういった子どもたちは,両親から引き離されて新たな名前を与えられ,手助けや命の危険を冒すことをいとわない家族や宗教団体へと引き取られていった。より年長の子どもたちは,彼らのユダヤの出自が気づかれないように,キリスト教の祈りのことばを教えられた。

  子どもたちの家族の記録を失いたくなかったので,イレーナは,彼女が救ったすべての子どもたちの名前をリストにしておいた。彼女は,いつか彼らを家族と再会させられることを望んでいた。

Part 3 本文和訳

  1943 年のある夜,イレーナの家がドイツ警察に襲われた。彼女はリストを窓から外に投げ出したいと思ったが,不可能だった。家じゅうがドイツ人に包囲されていたので,彼女はそれを同僚に投げて扉を開けた。兵士は 11 人いて,彼らはもう少しで家じゅうを粉々に壊すところだった。イレーナの同僚が,それを自分の下着の中に隠したおかげで,名前のリストは守られた。

  ナチスはイレーナを監獄に連行し,彼女を拷問した。彼女はひどいけがを負ったが,協力者や彼女が救った子どもたちについて彼らに話すのを拒んだ。最終的に,彼女は死刑を宣告された。

  すんでのところで,彼女の仲間が看守にわいろを渡し,彼女はかろうじて逃げることができ,友人たちと落ち合った。彼女は名前のリストを取り戻すと,それらを友人の家の庭に生えているリンゴの木の下に,瓶に入れて埋めたのだった。

Part 4 本文和訳

  リストにはおよそ 2,500 人の名前が書かれており,終戦後,彼女は子どもたちと彼らの家族とを再会させようとした。しかし,親のほとんどは,死の収容所で毒ガスによって殺されていた。

  彼女の人生や仕事については,長いこと知られていなかった。しかし,カンザス州に住むアメリカの女子生徒たちのグループが彼女の存在について偶然知り,2000 年に「瓶の中の命」と呼ばれる劇を書いた。それは,アメリカやそのほか多くの国々で,200回以上も上演された。

  2003 年には,彼女はノーベル平和賞に推薦されたが,結局それはアル・ゴアに贈られた。2005 年に,イレーナは次のように言った。「私たちは英雄などではありません。その表現を聞くと,とても腹立たしく感じます。真実は逆なのです。私は,ほんのわずかなことしかできなかったことを後悔し続けています。もっと多くのことができたかもしれないのに。この後悔は死ぬまで私について回るでしょう。」