ELEMENT 2 Lesson 2 Stay Hungry, Stay Foolish

Lesson 2

Stay Hungry, Stay Foolish

貪欲であれ,愚かであれ

Part 1 本文和訳

 今日は,世界最高の大学の1つの学位授与式にお招きいただいて光栄です。今日私は,私の人生の経験から3つの話をしたいと思います。それだけです。たいしたことではありません。たった3つの話です。

 1つ目の話は,点をつなぐということについてです。私は最初の6か月でリード大学を中退しました。そこに意義を見出せなかったからです。人生をどうしたいかもわからず,大学がどうやって私にそれがわかるよう手助けしてくれるのかもわからなかったので,私は中退して,すべてうまくいくだろうと信じることにしたんですね。そのときはとても怖かったですが,振り返ってみると,それは私がこれまでした中で最良の決断の1つでした。中退した瞬間に,興味のない必修科目を取るのをやめ,おもしろそうな授業には何でも顔を出し始めることができたのですから。

Part 2 本文和訳

私はカリグラフィー(西洋書道)の授業を受けることにしました。セリフやサン・セリフなどの字体や,異なる文字の組み合わせの字間を変えることや,すばらしい印刷デザインは何がすばらしいのかについて学びました。それは科学では説明できない手法で,美しく,歴史があり,芸術的に繊細なものでした。私は魅了されました。

このどれもが,私の人生において何ら実践に至る見込みはありませんでした。しかし 10 年後,私たちが最初のマッキントッシュ・コンピューターを設計していたときに,それがすべて私によみがえってきたのです。そして私たちは,それをすべてマックに組み込むよう設計しました。もし私が中退していなければ,このカリグラフィーの授業に立ち寄ることもなく,パソコンには今あるようなすばらしい印刷デザインは入っていないでしょう。将来を見すえて点をつなぐことはできません。点は過去を振り返ってしかつなげないので,その点が将来どうにかしてつながることを信じなければいけません。

Part 3 本文和訳

2つ目の話は,愛と喪失についてです。私は 30 歳のときに,アップルを解雇されました。それは衝撃的なことでしたが,私は,自分がしていることがまだ好きなのだと気づいたので,もう一度やり直すことにしたのです。次の5年間で,私は2つの新しい会社を立ち上げました。その1つは,今では世界で最も成功したアニメーション・スタジオになっています。驚くべき巡り合わせで,アップルが(私が立ち上げた)もう一方の会社を買収し,私はアップルに戻ってきました。

唯一私を前進させ続けていたものは,私が,自分がやっていることが好きだということでした。好きなことを見つけないといけないんです。どんな仕事をしようと,それはあなたの人生の大部分を占めますから,真に満足するための唯一の方法は,あなたがすばらしい仕事だと信じることをするということです。そして,すばらしい仕事をするための唯一の方法は,自分がする仕事を愛することです。もしそれをまだ見つけていないのでしたら,探し続けてください。妥協してしまわないこと。

Part 4 本文和訳

3つ目の話は,死についてです。1年前,私は医師から,がんにかかっているので,たった3~6か月しか生きられないだろうと言われました。幸運なことに,私は手術を受け,今では元気です。この経験から,私は今なら多少の確信を持って言うことができます。時間は有限なので,(自分ではない)ほかのだれかの人生を生きて,それを無駄にしてはいけないと。他人の意見という雑音に,あなた自身の内なる声をかき消させてはいけません。そして最も重要なことは,自身の心と直観に従う勇気を持つことです。それらはどういうわけか,あなたが本当になりたいものをすでに知っているのです。ほかのものはすべて二の次なのです。8 私が若いころに,すばらしい出版物があって,その最後の号の裏表紙にはこんなことばがありました。「貪欲であれ。愚かであれ」 私はいつも自分自身こうありたいと願ってきました。そして今,あなたがたにそう望みます。貪欲であれ。愚かであれ。どうもありがとうございました。