ELEMENT 2 Lesson 1 Beyond Words

Lesson 1 ことばを超えて

Part 1 本文和訳

 喫茶店で友人を待っている女性がいる。彼女は新しそうなドレスを着ている。それからウエイターがコーヒーを持ってやって来る。彼はどういうわけか何かにつまずき,彼女の体じゅうにコーヒーをこぼしてしまう。今や彼女のドレスは,まるで汚い水たまりで雄牛と闘っていたかのように見える。彼女は自分のドレスを見つめ,それからウエイターのほうを向き,彼をにらみつけて,大声で言うのだ。「どうもありがとう!」と。

その女性は,ドレスを汚されたことを本当にウエイターに感謝したかったのだとあなたは思うだろうか。彼女は友人に会わずに家へ帰る言い訳を探していたのだろうか。もちろん,あなたはこう答えるだろう。「まさか。彼女はとても怒っていたに違いない。」と。あなたがそう言うのは,彼女がそのことばを吐き捨てながらウエイターをにらんだからだろう。言いかえれば,彼女の本当の意図が何かを理解するのに役立ったのは,彼女の彼への目の向けかたや,彼への話しかたなのだ。

Part 2 本文和訳

私たちのことばは,しばしば意図が伝えられず,また時には,その真の意味すら伝えられないことがある。人々の意図を理解するためには,私たちは彼らのことばを聞くだけでなく,彼らの体や表情や声の調子といった,ほかのことに注意を向ける必要があるのだ。

アメリカの人類学者,レイ・バードウィスルによると,話しことばの社会的意味のうち,ことばで伝えられるのは,わずか 35%しかないという。残りの 65%は,声の調子,速度,大きさに加えて,表情やアイコンタクト,触れること,体と体の距離のような身体動作によって伝えられる。これらの要素は,「非音声的言語」と名づけられている。

Part 3 本文和訳

非音声的言語の一部は自然なもので,それはほとんど制御できない。例えば,私たちがとても怒ったり心配したりするときには,赤くなったり青くなったりする。私たちは時々,泣いたり,笑ったり,震えたり,もしくは身の回りのものをじっと見つめたりする。これらの行動は私たちの感情を表しているが,それらはたいてい意図せずに起こっている。

一方,非音声的言語のもう 1 つの部分は,ほかの言語のように学習するもので,その学習は通例,私たちが生まれたときから始まっている。子どもたちは,彼らの周りの人々を見たり,大人から教えられたりすることによって,社会的メッセージの表しかたを学ぶ。発達の非常に初期の段階から,彼らは社会でうまくやっていくために,体をどう動かすべきか学ぶのだ。アメリカの子どもたちは,笑うことは人々を楽しくさせるということをすぐに知る。日本の子どもたちは,ほとんど話し始めもしないうちから,おじぎをすることを学ぶ。

Part 4 本文和訳

言語と同様に,それぞれの文化には,「友だちになろう」,「ごめんなさい」,「ありがとう」のような社会的メッセージを,言語以外の手段によって表現する独自の方法がある。例えばベトナムでは,服従を表現する方法の1つが,立ち上がり,腕を組んで話し相手をじっと見つめることである。一方日本では,頭を下げて下を見て,自分の前で手を組むだろう。

非音声的言語の重要性を理解することは,外国語を学ぶことがあまり重要ではないという意味ではない。それどころか,私たちが非音声的言語の重要性や意味に気づけば,それらのメッセージをよりよく理解したり,対処したりすることができるようになるだろう。私たちはまた,異なる文化を持つ人々と交流するときに,私たちが送っているメッセージについて理解することもできるかもしれない。