CROWN 1 Lesson 8 Not So Long Ago

Lesson 8 Not So Long Ago

それほど遠くない昔

「20 世紀回顧展」は私たちに前世紀の歴史を示す 300 の写真からなる展覧会だ。入り口のホールでガイドが写真を紹介している。

Section 1 本文和訳

ご来場のみなさま、「20 世紀回顧展」にようこそ。20 世紀は科学と通信の分野でめざましい進歩が見られた時代でした。私たちの生活はより豊かに、そしてより快適になりました。さらなる自由と平等を手に入れ、幸福な人生をおくるという夢に近づいたかのように思えました。

しかしそれは悲惨な戦争の時代でもありました。そして多数の人々が命を落としました。ここにある写真は、あなたや私のような人が 20 世紀に経験したことを見せてくれるでしょう。それらをご覧になりながら、ご自身に問いかけてみてください、「もしこれらの写真に写っているのが自分の家族や友人だったらどんなふうに感じるだろうか」と。

あなたにショックを与える作品があるでしょう、悲しませたり怒りをおぼえさせる作品もあるでしょう。しかしそれらはまた、私たちの未来へのメッセージも与えてくれるのです。展示をご覧になる前に、私たちにとってとくに大切な 2 枚の写真をみなさまにお見せしたいと思います。

Section 2 本文和訳

まずこちらをご覧ください。この写真はアメリカ人フォトジャーナリスト、ジョー・オダネルによって、1945 年に長崎で撮影されたものです。彼はこの写真について日本人からのインタビューにこう話しました。

「私は 10 歳くらいの男の子が歩いていくのを見かけた。その子は赤ちゃんを背負っていた。そのころ日本では、子どもたちが弟や妹を背負いながら遊んでいるのをよく見かけたが、この男の子は明らかに様子が違った。彼は深刻な理由でこの場所に来たのだ、ということが私にはわかった。彼はくつをはいていなかった。彼の表情は険しかった。赤ちゃんの小さな頭はまるでぐっすり眠っているかのように後ろに倒れていた。

「その少年はそこに 5 分から 10 分ほど立っていた。白いマスクをつけた男たちが少年に近づき、赤ちゃんを背負っていたひもを静かにほどきはじめた。そのとき、私はその赤ちゃんがすでに死んでいるとわかった。

男たちは遺体の手と足をつかんで火の上に置いた。

「少年はじっと動かずまっすぐ立って炎を見つめていた。下唇をあまりにも強くかみしめていたので、血がにじんでいた。まるで太陽が沈むように、炎の勢いは衰えた。少年は背を向け、静かに立ち去った」

Section 3 本文和訳

では、この写真をご覧ください。ご覧になったことのあるかたもいると思います。ベトナム戦争中の1972 年に撮られたものです。ここに写っている少女、キム・フックは、服が焼け落ち、痛みの中、道を走り抜けています。

この経験について彼女はかつて次のように語りました。「なにも聞こえませんでした、でも私の周囲に火が見えました。そして突然、炎のせいで服が焼け落ちたのです。炎が私の身体、とくに腕を包みました。でも足には火がつきませんでした。

私は泣き叫んで、火から逃げ出しました。私は走って、走って、走り続けました。

「私は病院にいました。14 か月。全身の半分におよぶやけどを治すために 17 回もの手術を受けました。そしてその経験が私の人生を変えたのです。その経験がきっかけで、どうしたら人を助けることができるかと考えるようになりました。

「両親が新聞に載ったその写真をはじめて見せてくれたとき、私はそこに写っているのが自分だとは信じられませんでした。あまりにも悲惨な姿だったから。私はその写真をみなさんに見てほしいのです。

なぜなら、人はその写真から戦争がどんなものかを見て取ることができるからです。子どもたちにとっては悲惨なことです。私の顔を見ればすべてがわかるでしょう。私は、みなさんにこの写真[私の顔]から多くのことを学んでほしいのです」

Section 4 本文和訳

このように、写真というものは多くのことを私たちに語っています。過去になにが起きたかを見せてくれます。

時には私たちが見たくないかもしれないものまで見せます。

20 世紀は戦争の時代でした。ふたつの世界大戦があり、冷戦があり、世界中のいたるところで小規模の争いが起きました。ある日本人ジャーナリストは 20 世紀を「36,000 日の苦悩」と呼んだほどです。

ここにある写真に希望の兆候を見つけることは難しいかもしれませんが、努力すればできるはずです。

キム・フックさんの話がよい例です。たくさんの人々の温かい支えにより、彼女はいまカナダで家族との生活を楽しんでいます。彼女は、「私は息子に、自分の母親とその祖国になにが起きたか見せなくてはなりません。

そして戦争が再び起きてはいけないということを伝えなくてはなりません」と話しています。

戦争を二度とくり返してはいけません。これこそ、私どもがきょう、この展覧会を通じてみなさまにお伝えしたいメッセージです。そしてみなさまがここをお出になられるとき、これが起きたのはそんなに昔のことではないという思いを胸にいだいてくださることを願っています。