CROWN 1 Lesson 7 Paper Architect

Lesson 7 Paper Architect

紙の建築家

坂茂は世界的に有名な建築家である。彼は、フランスの美術館やドイツの国際博覧会の日本館を建てた。おそらく、彼は紙菅のような珍しい素材を使うことでいちばん知られている。

Section 1 本文和訳

1995 年 1 月 17 日、阪神地域で大地震があった。坂茂は神戸に行き、大きく損壊した教会の近くに立つたくさんの地震被災者を目の当たりにした。彼は司祭に問うた。「紙の筒を使って新しい教会を作りませんか」 当初、司祭はその申し出に首を縦に振らなかった。最重要事は被災者の住む場所のはずだ、と彼は言った。

坂は司祭を説得すべく何度も教会を訪れた。教会は、地震被災者のコミュニティーセンターとして機能するであろうから貴重であると、司祭に力説した。とうとう、司祭は坂の考え方に納得した。坂と 300人を超すボランティアが力を合わせ、教会を建設した。

Section 2 本文和訳

坂は困っている人を助けることにいかにして興味を持つようになったのか。そして、彼はなぜ紙管で建築をはじめたのか。坂が 1984 年に建築家として働きはじめたとき、ほかの建築家とは違っていたかった。彼には、らは往々にして裕福で権力のある人のために働くことに興味を抱いているように思われた。一方、建築家として自分は災害を被った人を助けるべきだ、と彼は感じた。彼は災害救済建築物に紙管を使いはじめた。なぜなら紙管は強度があり、手に入りやすかったからだ。

神戸での仕事に加え、坂は中国に紙管の学校を、ニュージーランドに紙管の教会を建てた。坂はまた宮城の仮設住宅を建てるのに輸送用コンテナも使った。

坂の成功のカギのひとつは、彼が自らの道を妨げるものはいかなるものも許容しないことにある。

2010 年ハイチで大地震があったとき、空港は閉鎖された。坂はあきらめなかった。彼はドミニカ共和国に飛び、何人かの学生とともに、6 時間かけて車を運転してハイチに駆けつけた。そして、彼らは紙管を使って被災者避難所を建てた。

Section 3 本文和訳

1995 年に坂はボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)という名の NGO を立ち上げた。

VAN は地震や戦争などの世界中の被災者の支援活動をしている。

坂は、救援建築物は美しくあるべきだと信じている。被災者の自尊心回復に寄与するので、彼の避難施設は「尊厳の建築」と呼ばれている。建物が一時的なものだからといって見栄えはよくなくてもいいというわけではない、と坂は言う。彼の説はこうだ。「家を失った人は肉体だけでなく心にも傷を負っています。彼らは心休まる場所にいる必要があるのです。彼らの目に美しいものが映ることがとても大切だと思います」

3・11 を生き延びたある男性は、家族が宮城の坂の魅力的な住宅に移り住んで以降、10 歳の娘が笑顔で元気だ、と語った。「震災以来、はじめて本当に安堵感を持てた瞬間だった」とその人は言った。宮城の住宅は一時施設の予定だが、そこに暮らす人の中には、ずっとそこで暮らしたいと思うほど気に入っている人もいる。

Section 4 本文和訳

2014 年、坂はプリツカー賞を受賞した。これは建築界のノーベル賞と呼ばれることもある。選考委員のひとりは、第一級の建築家が被災者にすべてを捧げていることはすばらしいことだ、と語った。彼の建築は、被災者の日常のニーズだけでなく美のニーズにも貢献している。

坂は言う。「自分がやっていることをやり続けろ、とこの賞は私を後押ししてくれる。変わるな、成長すべく努めろ、と」 彼にとって「成長」とはいちばん高いビルを作ることでもいちばん大きなオフィスを持つことでもない。実際、彼はもっと小さなオフィスがいい、と言う。彼は自分のオフィスより被災地で過ごすもっと多くの時間を欲している。

坂は、災害救援活動であれ、新しい建物のデザインであれ、自分が成長する方策をいつも探っているように見える。人は肉体の安息所だけでなく精神の美や尊厳も必要だ、と建築家は自覚せねばならない、と彼は信じている。安息と尊厳を建てる不断の努力を通じて、坂はこの世界をよりよいものに変えているのだ。