CROWN 1 Lesson 4 Seeing with the Eyes of the Heart

Lesson 4
Seeing with the Eyes of the Heart

心の目で見る

最初のいくつかの和音のあとでも、だれもピアニストが盲目であることを意識していなかった。ピアニストの音楽だけを意識していた。「たまたま全盲である単なるひとりのピアニストとして自分に耳を傾けてもらいたいのです」と彼は語った。そのピアニストは辻井伸行だ。彼の友人は彼をノブと呼ぶ。

Section 1 本文和訳

ノブの両親は息子が全盲であるとわかったとき、とても悲しんだ。ところが、彼らはすぐに息子が特別な才能を持っていることに気づいた。2 歳のときノブは、母親が「ジングルベル」を歌うのを聞いた。

数分後、彼はその曲を自分のおもちゃのピアノで演奏して母親を驚かせた。

ノブは 4 歳でピアノのレッスンを受けはじめるとすぐに、その記憶力で先生たちを驚かせた。彼は手で触れることによって(点字の)楽譜を読むことができるのだが、耳で覚えることを好む。彼は彼のために録音されたテープを聞き、聞こえたものを覚える。

ピアノはノブがこよなく愛するものである。とくにドビュッシー、ショパン、そしてベートーヴェンが好きだ。彼はジャズを演奏し、以前、ポピュラー音楽のミュージシャン、スティーヴィー・ワンダーに会う機会があった。彼もまた生まれつき全盲だ。

Section 2 本文和訳

20 歳のとき、ノブは世界でもっとも有名なコンクールのひとつである、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに参加することを決意した。それは四年に一度、テキサスで開催される。このイベントは彼の人生における重要な転機となった。ノブと彼の母親はテキサスへ飛んだ。彼らはアメリカ人のホストファミリーであるデイヴィッドソン一家に会った。彼らはノブと彼の母親を温かく迎え、ふたりがくつろげるように最善を尽くした。ノブと母親のために日本の炊飯器まで用意したほどだ。

コンクールがおこなわれた 3 週間の間、ノブは毎日何時間も練習した。彼がピアノを弾いていると、その美しい音楽に、デイヴィッドソン夫人は涙を流した。「私は彼が演奏するのを聞くと泣いてしまうんです」と彼女は言った。近所の人たちまでノブの音楽が大好きだった。彼らはデイヴィッドソン家の人たちに家のドアや窓を開けたままにしておくように頼んだ。ノブの練習を毎朝聞きたかったからだ。

Section 3 本文和訳

授賞の日がやってきた。6 人の出場者が最終選考に残り、ノブはそのひとりだった。優勝者に与えられる賞は、賞金 2 万ドルと、若い音楽家ならだれもが夢見る、世界中をコンサートツアーしてまわるというまたとない好機であった。発表がおこなわれる中、だれもが期待を胸に待ちかまえた。

まず、準優勝者の名前が呼ばれた。ノブのもっとも親しい友人のひとりになった韓国のピアニストだった。そして次に優勝者が発表された。19 歳の中国人のピアニストだった。ノブは負けたと思った。それでも決勝戦出場者のうちのひとりになることができたことは幸せだと感じた。彼はオーケストラといっしょにふたつの協奏曲を演奏することができたのだ。彼は優勝者ではなかったが、それでも幸せだった。

そして驚くべきことが起こった。ノブの名前が呼ばれた。優勝者はふたりいたのだ。ノブと中国人ピアニストの両方が金メダルを受け取った。ヴァン・クライバーンはノブを抱きしめた。ノブの目から涙があふれた。それは、彼の家族、先生たち、そして友人たちの助力と支援に対する感謝の涙であった。

ノブはそうした人たちを見ることはできなかったが、「心の目でみなさんを見ることができます」と言った。

Section 4 本文和訳

ノブは、音楽の美しさと喜びを、ほかの人たちと分かち合いたいと思っている。彼は東日本大震災に心を動かされ、犠牲となった人たちのためにひとつの挽歌を書いた。ノブはその曲を、2011年3 月31日にコロラド州のボルダーではじめて演奏した。聴衆がアンコールを求めると、彼はその曲を演奏する。

ノブはまた津波を生き抜いたピアノも弾いた。そのピアノは津波に流されて、後に発見されて修理されたのだ。

ノブは語る。「ぼくは音楽の力を信じています。だれもが音楽のことばを理解することができます。ぼくがしたいことは、みなに決してあきらめないように伝えることです。たぶんぼくの音楽は、みなが少なくとも少しだけでも強い気持ちになるのを助けることができると思います」

ノブと福島の中学生が「花は咲く」を録音した。その歌は震災で被害を受けた人たちのための支援の歌だ。中学生たちはとても多くの苦難を見ていたのだ。ピアニストは心の目で彼らの苦しみを見ることができた。ノブと中学生たちは、ひとつの歌で心を合わせ、彼らの悲しみ、彼らの勇気、そして彼らの未来への希望を表現したのだ。