CROWN 1 Lesson 3 A Canoe Is an Island

Lesson 3
A Canoe Is an Island

カヌーは島2007 年に、ハワイのカヌー、ホクレア号と、もう一隻の船カマヘレ号は、ハワイから遠く日本を目指して出帆した。内野加奈子はクルーのひとりだった。これが彼女の物語である。

Section 1 本文和訳

私はいつも海を愛してきた。大学生のときに友だちのひとりと三宅島へ行った。海を探検し、その美しさに心を奪われた。この旅以来ずっと、私は海にとても関心を持っている。

海についてもっと多くのことを学ばなければならないとわかっていたが、どこで勉強できるのかわからなかった。そしてその後、ナイノア・トンプソンとホクレア号に関する本を見つけた。私はこのハワイ生まれの人が師匠であるサタワル出身のマウ・ピアイルグからどのようにして伝統航海術を学んだかを読んだ。またホクレア号が伝統航海術を使って、1976 年にハワイからタヒチへの航海に成功したこともわかった。

私は海を航行するのに必要な古代の航海術にとても興味を持った。ハワイに行き、自分自身の目でホクレア号を見ることにした。

Section 2 本文和訳

大学を卒業したあと、私はハワイ大学で海洋生態学を学ぶためにハワイへ行った。

私はホクレア号を見に行った。船は長い航海から戻ったところだった。私は次の航海に向けて準備しているホクレア号の修理に加わりはじめた。そしてクルーの一員になるための訓練を受け、伝統航海術とハワイの文化を学んだ。

2007 年、ホクレア号はハワイからミクロネシア、そして日本への 5 か月の航海を計画していた。私はミクロネシアから日本へ向かうカヌーのクルーの一員になるように言われたときに光栄に思った。

2007 年 1 月にホクレア号は出発した。56 日目に、ミクロネシアのサタワルに着いた。島の人たちは私たちをあたたかく歓迎してくれた。「サタワルヘようこそ」というカードを手にして。

それから私たちは沖縄に向かった。北斗七星が見えた。南十字星も見ることができた。220 程の星の動きを理解することは、求められている技術のほんのひとつにすぎなかった。私たちはまた、波の動きや風の方向の変化を読み取ることも学んだ。ゆっくりと、しかし着実に、私たちは沖縄に向かって進んでいた。

Section 3 本文和訳

ホクレア号のクルーは忙しかった。いちばん大切な仕事はカヌーの舵を取ることだった。3 チームが代わる代わる操舵した。私のチームは午前 10 時から午後 2 時と、そして午後 10 時から午前 2 時まで舵を取った。カヌーの舵を取るチームは常に注意を配らなければならなかった。

ある夜、海はことのほか穏やかだった。海面には波がたっておらず、星が映るのさえも見ることができた。甲板には私だけしかいなかった。とても穏やかな気分だった。私はまた、大いなる宇宙との強いつながりを感じた。私はちっぽけなカヌーに乗るひとりの小さな人にしかすぎなかった。しかし実際は、私は大きな全体を構成する一部なのであった。

ミクロネシアを発ったあと、私たちは約 2,000 キロの距離を旅した。星と太陽と波が私たちのガイドだった。

沖縄に近づくにつれて私は、私たちがひとつの大きな家族であるように感じた。

それは朝のことだった。「見て! なにかが見える」とクルーのひとりが叫んだ。それは島だった。

沖縄だ。しかしその瞬間、私にとってそれは、島以上のものであった。この広大な海の真っただ中に存在する陸、水、人々、そしてそのほかの生命だった。それはまさに奇跡だった。

Section 4 本文和訳

2007 年 6 月 9 日、私たちは最終目的地の横浜に到着した。この航海に思いを馳せれば馳せるほど、私は自然との関わりに対して心から感謝する気持ちになる。

伝統航海術が私たちに自然をどう見るかを教えてくれる。伝統航海術はまた、自然は私たちが必要とするものすべてを提供してくれているとも教えてくれる。自然からの恵みを受けるために、私たちは自然がどのように作用するのかを学ばなければならない。

ハワイの人々は「カヌーは島で、島はカヌーだ」と言う。私たちは地球を広大な宇宙に浮かぶカヌーと見なすこともできる。私たちは「私たちのカヌー」をどのように扱っているだろう。なにに価値を見出すのだろう。そして、どこを目指したいのだろう。私たちのカヌーのクルーとして、私たちの役割はなんであろうか。日本への航海のあと、ホクレア号はこれらの質問を提起するために、2014 年、世界一周の航海に出た。

私たちはみな、自然の一部だ。私たちは、私たちのカヌー、つまり地球を、すべての生き物にとって、もっと美しく、もっと調和のとれた場所にするために、自然といっしょになって協力することを学ぶことができる。