CROWN 1 Lesson 2 Going into Space

Lesson 2

Going into Space

宇宙へ行く

若田光一さんが 5 歳のとき、アポロ 11 号は月に着陸しました。彼は宇宙飛行士になることを夢見ていました。27 年後、彼ははじめて宇宙への旅をしたのです。

Part1 本文和訳

宇宙へ行くたびに、私は地球に対する愛情を発見します。私は国際宇宙ステーションにいままでに三回滞在しました。ISS は地球から 400 キロの上空を回っています。ISS は地球の周りを周回するのに 90分かかります。45 分間は昼間の眺めが見え、それから次の 45 分間は夜の眺めが見えます。夜はとても暗いです。星が輝いていて、天の川がどこまでも長く伸びています。私たちの青い惑星、地球は、広漠たる宇宙の中でオアシスのように見えます。テレビやコンピューターで、宇宙から見た地球の映像を見ることはできます。しかし、そうした映像は実際に宇宙から見た地球の眺めとはまったく違います。(宇宙からは)海や雲、山、川がはっきりと見えるのです。日本をその形から確認することさえできます。私には美しいふるさとの惑星があり、とても幸運だと感じます。

Part2 本文和訳

異なる国出身の宇宙飛行士たちが毎日いっしょに食事をします。そのため私たちはたくさんの異なった宇宙食を味わう機会を得ます。しかし重力の助けなしで食事をとるのは難しいことです。せんべいを食べると、(かけらが)あちこちに飛んでいってしまうので注意しなければなりません。スープを飲むときはストローを使わなければなりません。宇宙では風呂に入ることができません。ただ布で体をふくだけです。寝るときは自分の部屋がありますが、とても小さいです。全体的に見れば、宇宙での生活はとても快適です。

私たちは科学実験でとても多忙です。しかし、いくつかのほかの実験の時間もとります。カナダの宇宙飛行士と腕ずもうをやってみました。驚いたことに、私たちふたりの体は回転しはじめたのです。別の実験では書道をやってみました。あまりにたくさんの墨汁を使ってしまったのですが、ぽたぽた落ちることはありませんでした。私のいちばん好きな実験は「魔法のじゅうたん」でした。自分の足にテープを貼って、じゅうたんにくっつくようにしました。それが魔法のように効きました。私は宇宙空間を飛んでいたのです!

Part3 本文和訳

2013 年、私は三度めの ISS に乗り込みました。今回は ISS のコマンダー[船長]を拝命しました。コマンダーとしての私の仕事は、確実にみんなが仲良く過ごすようにすることでした。アメリカ人、ロシア人そしてラトビア人の宇宙飛行士が、私のほかにいました。日本語を話すロボット、キロボもいました。私たちみんなが共に働き、共に話し、188 日間、とても込みあった空間の中で生活しなければなりませんでした。私はただひとつ、ルールを作りました。それは、みなができるだけいっしょにディナーを取らなければならないというものでした。これは、リラックスしその日の仕事やトレーニングのことを話す大切な時間でした。

最後にひと言、言わせていただきたいと思います。宇宙へ行くことは恐ろしい経験です。たくさんの危険があります。なぜ私が宇宙へ行くのか不思議に思うかもしれません。私が宇宙へ行くのは、やりがいのある課題だからであり、人類にとって重要なことだからです。世界中から来た宇宙飛行士がいっしょに仕事をしています。この経験を通じて、私は地球の住民としての、私たちに共通の人間性を信じるようになりました。私たちのひとりひとりが宇宙船地球号の乗組員なのだということを忘れないでください。