CROWN 1 Lesson 10 Good ol’ Charlie Brown

Lesson 10 Good Ol’ Charlie Brown

良き友、チャーリー・ブラウン

最初の『ピーナッツ』のマンガは 60 年以上前に現れた。漫画家のチャールズ・M・シュルツは 2000年に亡くなったが、昔なつかしいマンガは出版され続けている。毎日、新しい読者が『ピーナッツ』の登場人物を発見している。

Section 1 本文和訳

チャーリー・ブラウン。ルーシー。ライナス。スヌーピー。彼らは半世紀以上にわたって雑誌や新聞に登場してきた。彼らには世界中にたくさんのファンがいる。自分の隣の家の子どもの名前を知らない人も、自分が勝てると信じて疑わない小さな「敗者」を、いつも他人に忠告をする少女を、お守りの毛布を常に肌身離さず持っている小さな男の子を、そして、中でもいちばん有名な、自分を戦闘機パイロットだとか偉大な作家だと考えているビーグル犬を知っている。

彼らがマンガ『ピーナッツ』の主な登場人物である。

なぜこのマンガはそんなに人気があるのだろう。『ピーナッツ』はなぜ世界中の人々の心をとらえたのだろう。

マンガ『ピーナッツ』のいくつかの作品を見て、この質問の答えを見出せるかどうかみてみよう。

Section 2 本文和訳

父の日、バイオレットは自分の父親について話している。彼女はチャーリー・ブラウンに、自分の父はチャーリー・ブラウンの父親より裕福であり、スポーツでも勝っていると言う。チャーリー・ブラウンには言うべきことがほとんどない。ただ自分の父の理髪店にいっしょに行こうとバイオレットを誘う。

そして父は自分を好きだからどんなに忙しくても必ず大きな笑顔をくれる時間があると言う。バイオレットにはそれ以上なにも言うことがない。彼女はただ立ち去る。彼女の父のお金や運動能力は、ひとりの父親の息子に対する素朴な愛情に勝ることはできない。

『ピーナッツ』の多くのエピソードが、そのような家庭生活の心温まる側面に焦点を当てている。『ピーナッツ』を生み出した漫画家チャールズ・M・シュルツは、自分の幼少時の人々や出来事をマンガに写し出している。そしてこのことが、マンガ『ピーナッツ』が世界中の人々にこれほどまでに支持されている理由のひとつなのかもしれない。

Section 3 本文和訳

このマンガの中でライナスは、ホームチームがフットボールの試合に勝ち大騒ぎしている。チャーリー・ブラウンは静かに耳を傾け、ライナスにひとつの単純な質問をする。「相手チームはどう感じただろう」

チャーリー・ブラウンは自分自身が失敗を経験しているので、うまくいかない他人の感情をわかっている。彼は私たちにほかの人のことを考えさせる。

多くの面でチャーリー・ブラウン自身は敗者だ。彼はそんなに優等生でもないし、スポーツでも冴えない。クラスのかわいい女の子は彼に目もくれない。富と権力がとても重要な世界なら、チャーリー・ブラウンは負け犬だ。

しかしチャーリー・ブラウンは決して本当に負けはしない。彼は決して自分をあわれまない。彼はいつもよりよい明日を望み、挑戦し続ける。おそらく、真の勝者を作るのはこういう資質なのだ。

Section 4 本文和訳

『ピーナッツ』というマンガのおもしろさはふつうの類とは違う。大笑いするというよりほほえむことが多い。けれども、どういうわけか私たちの気持ちをなごませてくれる。翌日もまた新聞紙上でチャーリー・ブラウンとライナスとスヌーピーとそのほかすべての『ピーナッツ』の登場人物に会いたくなる。

彼らがそこにいないと、遠くに行ってしまった友だちを思うかのようにさみしい気持ちになるだろう。それは友だちがいつも私たちを笑わせてくれるからというわけではなく、いつも自分自身について安心感を与えてくれるからだ。

チャールズ・M・シュルツは、人生の本当の成功とは金や名声や権力の問題ではないと訴えているように思われる。むしろ、希望や勇気や他者を尊敬する心、そしてなによりユーモアのセンスによって決まってくる。彼はかつてこう言っている。「もし若い人たちになにかプレゼントをする機会が与えられるとしたら、私はひとりひとりが自分自身を笑い飛ばせるようになる能力を贈りたいと思います」

Section 5 本文和訳

ほぼ 50 年にわたってチャールズ・M・シュルツは、来る日も来る日も、一度に一話ずつ『ピーナッツ』を描いてきた。しかし、1999 年の終わりに、シュルツは自分がガンであり、これ以上続けていけないことを知った。読者にさよならをするべく、彼はお別れのマンガを描き、それは約 6 週間後に掲載されることになっていた。もし彼があと一日長く生きていれば、その印刷されたものを見ていただろう。

悲しいかな、彼はそのマンガが出る前日に亡くなった。2000 年 2 月 13 日、世界中の『ピーナッツ』ファンは目覚めると、『ピーナッツ』の登場人物とその作者の双方がもういないことを知った。私たちは彼らを自分の友だちと考えるようになっていたが、その彼らはもはやいなくなってしまった。チャールズ・M・シュルツと『ピーナッツ』は、その特有のユーモアとがんばり続けるための優しい励ましで、私たちがこの困難な世界に立ち向かっていく手助けをしてくれた。

新しい『ピーナッツ』作品が出ることはないだろうけれど、古い作品は今後何年も読みつがれるだろう。そして、本当の成功は、他者への思いやり、小さな親切、たとえ大きな困難に直面しても希望を持つ勇気の中にあることを、くり返し私たちに気づかせてくれるだろう。