Big Dipper 2 Lesson 5 Ueno Takahiro The Dancer in Me

Lesson 5

Ueno Takahiro: The Dancer in Me

上野隆博 ― 僕の中のダンサー

Part 1

In 2006, I was the solo dance champion for nine weeks in a row at the Apollo Theater in New York.
2006年,僕はニューヨーク・アポロシアターの9週連続ソロダンスチャンピオンだった.

I owe my success to a judge at the first audition.
僕はこの成功を,最初のオーディションのある審査員のおかげだと思っている.

After my performance, I heard my name called.
演技が終わると,僕の名前が呼ばれるのを聞いた〔→僕の名前が呼ばれた〕.

The judge said to me, “This is the Apollo Theater, the mecca of hip hop.
その審査員は僕にこう言った.「ここはヒップホップの聖地アポロシアターよ.

I liked your dance a lot, but it isn’t hip hop.
あなたのダンスはとても好きだったけど,ヒップホップではないわ.

I’ll let you pass the audition if you promise to keep your own original style and also put hip hop into your dance and music.”
もしあなた独自のスタイルは残したまま,ヒップホップをあなたのダンスと音楽に取り入れると約束するなら,オーディションに合格させてあげるわ」.

I was glad to pass the audition, but at the same time, I was really ashamed of myself.
僕はオーディションに受かってうれしかったが,同時に自分自身が本当に恥ずかしかった.

I had chosen Verdi’s Requiem, a classical piece, as my dance number.
僕は自分のダンス曲に,クラシック作品であるヴェルディの『レクイエム』を選んでしまっていたからだ.

I had not considered where I was dancing or who I was dancing for.
僕は自分がどこで踊ろうとしているのかも,だれのために踊ろうとしているのかも,よく考えていなかった.

After this experience, I decided to live in Harlem to learn more about real hip hop.
この経験を経て,本物のヒップホップについてもっと学ぶために,僕はハーレムで生活することを決心した.